続木和子

続木和子さんの口コミは本物か?

時間をちょっとさかのぼって、戦後から1970年代、1980年代を見ていくと、今ほど子宮筋腫に悩まされている女性はそれほど多くはありませんでしたし、

 

生理不順や不正出血などに悩まされる人も、それほどたくさんいるわけではありませんでした。

 

 

では昔と今を比べて何が違うのかというと、間違いなく生活スタイルの変化が影響を与えていることが考えられます。

 

 

例えば、昔に比べると室温の調整は過剰と言ってよいほど上げ下げされるようになり、特に夏の時期なんかは、

 

何かを羽織っていなければ寒いくらいにエアコンをガンガンに聞かせて、室内を冷やす傾向があったりしますが、これが体に良い影響を与えるわけがありません。

 

 

エアコンを利かせすぎることによって、体温の調整機能がだんだんくるっていき、その結果、自律神経の働きまで狂い始めてくるわけですが、

 

これがホルモンバランスに悪影響を及ぼし、子宮筋腫と深いかかわりがあることが東洋医学的にわかっています。

 

 

続木和子さんの治療法では、ホルモンバランスを整えていく結果として、子宮筋腫を改善していくことができる効果が期待でき、

 

14日を1サイクルとして同じような治療を数クールにわたって繰り返していくことになります。

 

 

女性のホルモンバランスは14日を基本周期としてぐるぐると体質が少しずつ変化することが知られており、それぞれのタイミングに合わせて適切な処置をしていくのが、

 

続木和子さんの子宮筋腫治療法の主な特徴となっています。

 

 

また、治療内容に関しても、体に負担をかけるようなことはなくて、むしろ食事面の注意であったり、生活習慣の見直しが中心となっていますので、

 

「これで本当に治療になるのか?」という疑問を感じてしまうほどですが、早ければ14日も経過しないうちに、あれだけ重かった生理痛が軽くなるなどの効果を実感できます。

 

 

病院で子宮筋腫の治療を受けるとなると、薬を使った治療をするか、経過観察を続けるケースが多く、それでも対処しきれなくなった場合には、

 

子宮ごと取り除く手術をするような羽目に陥ったりもします。

 

 

しかし、続木和子さんの治療マニュアルにある通り、子宮筋腫なんて言うのは、あなたの体が本来持っている自然治癒力を引き出すことによって、

 

十分に小さくさせる余地があり、体に大きな負担をかける必要は一切ありません。

 

 

子宮筋腫を引き起こしているホルモンバランスの乱れさえきちんと整えることができれば、子宮筋腫以外にもさまざまな症状を改善させることができ、

 

生理痛・子宮内膜症といった症状を和らげるだけではなく、冷え性や便秘症、むくみやすい体質なんかも改善できる期待があります。

 

 

薬を使った治療の場合、薬の副作用によって逆に体の自然治癒力が奪われてしまい、なかなかこうした効果は期待できないものですが、

 

続木和子さんの治療法ならば、体のあちこちに潜んでいる不健康な要因を取り除きながら、子宮筋腫もぐんぐん小さくしていくことができます。

 

 

 

免疫力を高めて再発防止の効果も発揮してくれる続木和子さんの子宮筋腫治療法で、風邪もめったに引かなくなる丈夫できれいな体を作っていくにはこちら